応用生態工学会

会誌等 > 応用生態工学(会誌)Ecology and Civil Engineering

会誌

(2023/4/10更新)

・応用生態工学会は,会誌として「応用生態工学」(Ecology and Civil Engineering)を刊行しています.

・年2回発行:概ね6月と12月の発行を目指して編集が行われています.

・正会員および学生会員には1冊送付,賛助会員には5冊(1口当たり)を送付します.

・掲載論文は,J-STAGEにおいて全文PDFを公開していることから,冊子体は希望者のみとしています.

・既刊目次と摘要:本サイト内に、これまで発刊された会誌の目次とタイトル・著者・摘要などの書誌事項を掲載しています.

・会誌編集委員は,役員・委員・名誉会員一覧をご確認ください.

・「応用生態工学」の刊行・投稿・校閲に関する規程は,以下をご確認ください.

   刊行規程・投稿規程・校閲規程及び会誌編集委員会内規(pdf:451KB)20210210更新

・会誌「応用生態工学」における特集企画について

 応用生態工学会では,生態系管理等の重要課題に関する有益な情報を集約するため,自由集会(ELRの研究集会)での成果等をもとに会誌で特集を組んでいます.この特集企画については,会員であればどなたでもご提案いただけます.ただし,実際に特集を行うかどうか,特集号の発行時期,担当編集委員(基本は企画提案者が担う.応用生態工学会ではInvite Editorも可能.)等については,企画提案者と調整の上,会誌編集委員会幹事会で検討・決定します.

 研究グループや自由集会等の成果を会誌上で特集企画として発表したいとお考えの方は,以下の項目について会誌編集委員メール(ece-eda(at)ecesj.com)にお送りください.※メールの際は(at)→@にして下さい.

 ①企画提案者名(所属・連絡先)
 ②特集企画タイトル(仮題でかまいません)
 ③特集の趣旨・概要
 ④掲載希望時期(○巻○号または○○年頃等)
 ⑤予定掲載論文タイトル・著者
 ⑥企画提案者以外を担当編集委員とするかどうか
 【参考:一般的な掲載までのスケジュール(目安)】
  ●各巻1号(7月刊行)掲載の場合
   2月頃 全論文投稿完了
   4月末 全論文受理
   5~6月 版組み・著者校正
   7月 印刷・発送
  ●各巻2号(2月刊行)掲載の場合
   9月頃 全論文投稿完了
   11月末 全論文受理
   12~1月 版組み・著者校正
   2月 印刷・発送

「応用生態工学」 既刊 巻号リスト

 J-STAGEに既刊の論文はすべて掲載されています.

 J-STAGE>>https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ece/-char/ja/

学会案内等

行事案内

会誌等

各種情報サービス

お問い合わせ等

その他

TOPへ戻る